2017年11月8日水曜日

YSGジュニアフットサル大会【U-7】 2位リーグ2位




【月日】    11月3日(祝金)

【会場】    八千代スポーツガーデンフットサルコート

【参加チーム】 16チーム

【相手/結果】 

リーグ戦     対夏見FC        3-0 〇

           対宮本JSCホワイト   2-0 〇

           対エスフェローザ八千代A 0-3 ● 予選リーグ2位

  2位リーグ    対FC芝山クルセイド   3-2 ○

           対TOPSIDEアウル  1-3 ●

           対高根東SSS      1-0 〇 2位リーグ2位



出発前は雨、しっかり挨拶が出来ているかな??








ウオーミングアップを行ない、いよいよ試合開始。











試合は勝ったり負けてしまったりという結果でしたが諦めずに最後まで戦っていました。負けた試合で悔しくて泣いている選手もいて、負けたくないという気持ちが伝わりました。
次は勝てるように!まずはトレーニングからですね!!








閉会式。
MIPに中根颯太君が選ばれました。
おめでとう!






オフ・ザ・ピッチ(挨拶・荷物の整理整頓・着替え・など)の部分も少しずつ成長してきています。
12月にも大会がありますので次の大会に向けて頑張っていこう!

最後になりましたが遠方にもかかわらず応援にお越し下さった保護者様、応援ありがとうございました。

今後ともよろしくお願い致します。





鈴木








第1回長生郡市チャンピオンズ杯


柏レイソルAA長生U12は11月3日(祝金)白子町町営Gにて行なわれました第1回長生郡市チャンピオンズ杯に参加致しました。



この大会は第1回目で、長生郡市内の18チームがエントリーし、今回は1dayカップとして本日中に優勝を決めるトーナメント形式です。



全日本少年サッカー大会が終わり、8人制の大会では6年生にとって最後の大会となりますし、このエリアでのナンバーワンを決める負けられない大会となりました。





1回戦目 vs  大多喜FC  9-1  〇



2回戦目 vs  レッドグランパス  2-0  〇



準決勝 vs  長生マリンズ  3-0  〇



決勝 vs  茂原ウエスト  2-0  〇



結果は見事優勝をすることが出来ました。おめでとう!!









1日で4試合とハードな日程ながら、選手全員で勝利することが出来ました。内容はどの試合も良く、自分達のいつも意識しながらTRしているプレーを落ち着いて見せてくれました。

最近選手達に伝えていることは、目の前の人を大切に、そして、目の前のプレーをしっかりと行うことです。1プレー1プレーに手をぬかずにプレーすること。

選手には夢を大きくとも伝えていますが、目標を持つことは決して間違いではありませんが、一歩間違えてしまうと、執着しすぎて、目の前の事に満足できずに不満を抱き、感謝を忘れてしまうのです。

これ、私もよくやってしまう思考のミスです。『こうなりたい』と言う強い執着 イコール 現状に不満となってしまうわけです。
でも大切なのは今に感謝して今この瞬間を大切にすることだと思います。仲間や家族やすべてに感謝して全力でプレーする。そうすれば試合中に文句はでないはず。その結果として望んでいる目標が達成できれば最高だし、達成できなくても、そこまでのプロセスが大事なので、結果、最高です。

今回の優勝は嬉しいですが、選手がそのような気持ちでプレーしてくれていたことをすごく嬉しく思います。

今回も応援くださいました保護者の皆様、本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

優勝おめでとうございます。


優勝パーティーは忘年会と兼ねて行いましょう!!


松原





2017年11月3日金曜日


11月3日(祝)
【カテゴリー】U-11選手コース
【目的】トレーニングマッチ
【相手】鹿島アントラーズ

ここ最近、台風の影響でTMが中止になる事が多く、久しぶりの試合です。
鹿島まで2時間半のバス移動、「選手達はとても退屈だろうな…」と考えながら運転していると寝ている選手が数名… 「前日は早く寝たのだろうか…」 選手向け栄養学をもう一度学習し直しですね!それはさて置き(^^)/

第一試合
序盤はお互いが相手チームを探る時間が続く、そしてビルドアップも上手くいかない!
お互い単純な選択ミスでボールを失うことが多かった。
5分以降はビルドアップが上手くいく時間帯が続くが、中々決定的な場面は訪れない。




















15分中央でインターセプトからショートカウンターで失点!



その後は多少チャンスはあるがゴール奪えず・・【結果0-1】




2試合目
相手のDFラインでボールを動かされたことで、前線の基準ラインと後ろの基準ライン(距離感とスライド)が不安定になり、崩され始める。


ラインが下がり過ぎ、ミドルシュートを打たれ失点!


また、同じような展開で失点!





その後は修正し、幾度か決定的なシーンがありながらも得点とはならない。
すると右サイドから崩し、カットイン!そして数的優位で相手ゴール前に!
相手を引き付け、パス!からのGO-----------AL!!  そして試合終了!! 【結果1-2】


1試合目はボールポゼッションも高く、ボールを動かす事ができた。相手FWも困っている様子でした。この時間帯にチャンスメイク出来なかったこと。そして、ビルドアップ時にボールを動かす事に焦れてしまい、クサビのボールを相手にぶつけてしまうことに課題が残った。
2試合目はマッチアップしている選手を付ききれない、シュートブロック、守備しやすい間隔を保つに課題が残った。

今後のトレーニングでこの課題を修正し、5年生選手権本戦に向かいたいと思います。





関係者様へ
早朝よりグラウンド準備などありがとうございました。多くを考えさせられ、学ぶことができました。本当にありがとうございました。

保護者様へ
今回も遠方までの応援と得点時の熱い拍手本当にありがとうございました。
明日は保護者様との久しぶりの飲み会です。よろしくお願いします(^^♪

担当 木島







10月10~16日 北京第13小中学校

【目的】指導者派遣&トレーニングマッチ

10月11・13日

今回、中国北京より小学生約30名、中学生30名、総勢60名が白子町に宿泊し強化合宿が開

催された。当クラブとの選手同士の交流はもちろんであるが、指導者を派遣し中国チーム

の指導にあたった。

中国人への指導は2回目なので…少し自信はあった。しかし、前回と地域が違うせいなの

か、なかなか言葉が通じない。

英語で伝えることで少しづつ理解してくれた様子で、笑顔も見えるようになりました。

最初は苦戦しましたが大変貴重な経験ができました。

12日は当クラブとの交流戦です! レイソル長生に勝ちゃいましょう!(^^)/





12日 交流戦

(柏レイソルAA長生 選手/スクール VS北京第13小学校)
ナイターで少し寒いコンディション!

中国ではクレーコートの経験は無いそうですがみんな全力でプレーしていました。
やはり勝負となると素晴らしいモチベションを発揮して各カテゴリー共に当クラブを上回る素晴らしい内容のゲームでした。
試合後は選手同士コミュニケーションを図って会話したようです。













サッカーを通じて国際交流出来たことは本当に素晴らしいと思います。
今回の事がきっかけでインターナショナルな人間に成長してくれると幸いです。


此次,这个那个地关照。
训练时候用难听见的英语对不起。请让一自己就学习了多的事。
还有,日本选手们厉害地也感到高兴。

土特产谢谢!!
再是来游玩的色子··再见(^^/)


担当 木島




2017年10月25日水曜日

千葉県4年生選手権大会6ブロック決勝トーナメント準決勝・決勝


祝優勝!!





9月18日(月・祝)に6ブロック大会決勝トーナメントが行われました。



天候が心配でしたが、雨も上がりグランドコンディションも悪くなく試合を開催して



頂く事ができました。関係者の皆様ご協力ありがとうございます。



試合の結果ですが、無事優勝を決めることはできました。













結果は

【カテゴリー】U-10
【日付】9月18日(月・祝)
【天候】晴れ
【会場】東金市民サッカー場
【大会】6ブロック大会決勝トーナメント準決勝
【対戦相手】VS FCやちまた
【結果】3-1


この夏休みどれだけ成長しているか、この1年間でどれだけ成長しているか

対戦相手は昨年6ブロック大会で敗れているFCやちまたとの一戦となりました。

課題は1試合目の立ち上がりしっかりと自分達のサッカーができるか

しかし立ち上がりからボールを動かす事ができず苦しい展開となりました。

試合結果は3-1となんとか勝利することができましたが、内容は今一つでした。

【カテゴリー】U-10
【日付】9月18日(月・祝)
【天候】晴れ
【会場】東金市民サッカー場
【大会】6ブロック大会決勝トーナメント決勝
【対戦相手】VS ときがねFC
【結果】7-4


いよいよ決勝戦、一試合目の課題をどう改善できるかが見所でした。

立ち上がりから非常に動きが良く前半から得点を重ねることができました。

ミスから失点もありましたが今までで一番よいサッカーができたのではないでしょうか

準決勝・決勝共に全選手が出場することができました。

全員が決勝戦の前半のようなプレーができれば県大会でも期待できると思います。

ただ1試合目の入り方、ピッチを広く使う、切り替えの遅さ、オフザボールの動き方など

課題もあります。

県大会までまだ時間はあるので、しっかりとトレーニングやトレーニングゲーム等で

改善していきましょう。

昨年の成績を越えることができるようチーム一丸となって取り組んでいきましょう。

保護者様には多くの方のご声援、サポートを頂きまして無事優勝を勝ち取ることができました。

今後ともご協力の程よろしくお願い致します。

柿本・金子


2017年10月21日土曜日

全少3,4回戦!!


10月8日()フクダ電子フィールドにて全日本少年サッカー大会千葉県大会3回戦、4回戦が行われました。







柏レイソルAA長生3回戦は舞浜ファルコンズとの対戦となりました。





結果は3-0と見事勝利!4回戦へコマをすすめました。



一人一人の試合の入り方も良く、終わるまで集中も切らさず走り切ってくれました。








4回戦目はSPフッチとの対戦となりました。

本日2試合目ということもあり、心配だったのは久々の暑さで選手の体力面と、1試合目に負傷した選手が数名いることでした。

ですが状況は相手も一緒。言い訳はききません。少しでも試合に臨むまえに自分に言い訳があるとそれが穴となってしまいます。メンタルなんてそんなもんです。なので、選手には、痛いところがあってもそれを言い訳にするプレーは絶対にやめようと伝えました。

これで負けてしまったら終わりなので。


結果はというと・・・・


3-3 pk1-3 ●


本当に残念です。

ですが選手達は最後まで諦めずに本当によく戦ってくれました。ハットトリックを決めた駒田くんが、最後PKを外してしまう展開になってしまったことが、何か神様の仕業なのかなと思いました。

私がよく思うのは、運命は決まっているのか、それとも決まっていないのか。私は自分の目標に対しては運命に頼らず自分で切り開いていこうと考えています。ですが、こういった自分に対してマイナスなことが起こったときは、運命かなって思うようにしています。都合良い考え方かもしれませんが、やることやってダメなら仕方ないし、こう考えると、気持ちが落ち着きます。例えば、自分の家族など大切な人が病気になった時などもそう考えます。すべて受け入れる。

なので、今回の敗退もしっかりと受け入れて、何で負けたのかではなくて、次はどうやったら勝てるのかにコミットして考えて行動していこうと思います。


今回は残念でしたが、県ベスト16は立派です!!6年生は公式戦では今年は今回のPKをのぞけば1敗しかしていません。自信を持ちましょう!!

保護者様今回も暖かい応援ありがとうございました。心より感謝致します。また次回CTC杯もよろしくお願い致します。


松原