2017年12月27日水曜日

レイソル後援会カップ U-7ミニサッカー大会


レイソル後援会カップ U-7ミニサッカー大会





【月日】    12月24日(日)

【会場】    レイソルトーアG

【参加チーム】 16チーム

【相手/結果】【Yチーム】  

予選リーグ    対バディーSC千葉   0-2  ●

          対松葉SCブルー    0-2  ●

          対船橋イレブンB    2-0  〇

 順位トーナメント 対中志津ホワイト    7-0  ○

          対レイソルトーアC   9-1  〇

          対船橋イレブンB    4-3  〇 順位トーナメント優勝!



【相手/結果】【Wチーム】

予選リーグ    対レイソルトーアC   4-1  〇

          対松葉SCレッド    3-0  〇

          対船橋イレブンY    13-0 〇 決勝トーナメント進出!

 順位トーナメント 対レイソルトーアA   1-3  ●

          対花野井SC      0-1  ●

          対松葉SCレッド    0-1  ●





柏レイソル提携チームのレイソルトーア主催の大会に参加してきました。

朝早くの出発でしたが眠そうな顔をしている選手もいなく元気よく挨拶して出発しました。



開会式、ウオーミングアップを行ない、いよいよ予選リーグ。



















試合は勝ったり負けたりしましたが選手達は諦めずに最後まで頑張っていました。
またベンチにいる選手も、ピッチ内にいる選手にしっかり応援していてチーム一丸となって戦っていました。
結果はYチームは順位トーナメントで優勝、Wチームは8位という結果でした。
この経験を活かして次の大会で良い結果が出せるよう、トレーニングから頑張っていこう!








最後になりましたがレイソルトーアスタッフの皆さん・レイソル後援会の方々、素晴らしい大会を開催していただきありがとうございました。
また遠方にもかかわらず応援にお越し下さった保護者様、応援ありがとうございました。

今後ともよろしくお願い致します。



鈴木・押尾

2017年12月26日火曜日

U-10大森招待

12月16日

【カテゴリー】U-10












【天候】晴れ

【会場】千葉市立大森小学校

【目的】U-11大森招待サッカー大会

今回U-11、1つカテゴリーが上の大会に参加をさせて頂くこととなり、いつもより判断、準備のスピードをどこまであげれるか、体格的に勝る相手に対しどこまで厳しく身体を寄せボールを奪う事ができるかが、テーマとなりました。

【予選】
VS 大森SC 0-5
VS ビィトーリア目黒 0-7

【順位決定戦】
VS ちはら台SC 0-2

結果的に得点を奪う事はできず完敗の結果となりました。
予選リーグに関しては、立ち上がりしっかりとボールを動かしペースを掴めそうな中でミスからの失点をし、相手の勢いに押され失点を重ねてしまった。
順位決定戦ではうまく立て直す事ができ自分達のペースでゲームを展開することができたが、相手のパワーに押され敗戦となってしまった。
今後最終戦のようなゲームを数多くできるようになってくるともっとよくなるでしょう
しっかりと常に動きサポートを行ない、判断力を上げていきましょう。

今回チーム40周年という節目の素晴らしい大会に招待、運営頂いた大森SCの関係者の皆様
寒い中多くの保護者様のご声援誠にありがとうございます。

今後とも宜しくお願い致します。

柿本

2017年12月20日水曜日


12月17日

【カテゴリー】U-11

【天候】晴れ

【会場】成田市中台運動公園球技場

【目的】千葉県少年サッカー選手権5年生大会 本戦 ベスト4


今日の相手は本部「柏レイソルU-12」です。みんなには憧れや目標にあるチームとの戦いとなるが、今日だけは戦う気持ちをもってプレーしてほしい…

ベスト4決定後、約2週間「攻守の切り替え」「連動(スライド)」など守備についていろいろな設定でトレーニングを行った。







VS 柏レイソル U-12 【前半 0-0】

いよいよキックオフ!!
キックオフから数的優位をつくり攻撃がなかなか点を奪えない…しかし、数的優位の攻撃から奪われてもスピーディーな攻守の切り替えですぐに奪え返すなど、相手陣地内での展開が続いた。途中、押し返されるがシュートを打たせなかった。









お互いテンポの速いサッカーをしようとするが、自らキックミスやコントロールミスなどでボールを奪われるシーンが多い。特に決定的なシーンがなく、前半を終える。

ミーティング
サイドで多少強引にでも縦にドリブルしよう!(狙い:そうすることでみんなの得意なコーナーキックを獲得できる回数が自然と増えるはず…頑張れ!!)
後は素晴らしいゲーム内容なので前半のイメージで戦おう! さぁ!行こう!(^^)!






後半戦スタート
後半も良い距離感での守備、攻守の切り替え、少ないタッチ数で相手サイドを崩すなど素晴らしい内容! 















そして、ミーティングの通りサイドの選手が前にドリブルで仕掛け、コーナーキックの回数が増え始める。



1本目 ゴールバーに当たり惜しくもゴールならず!
2本目 フォアサイドへ、相手DFが上手く身体をぶつけシュートは打てない!
3本目 ゴール中央へ! GOAL!!!  先制する!



大応援団も大興奮!! 選手達も抱き合い喜ぶ!




前の選手と後ろの選手が間延びしてしまう… するとスペースからスペースへと展開されてしまう。すると後半10分相手にフリーキックをあたえてしまう…

GKの手をかすめ、同点に追いつかれる!すると相手ペースへと展開がガラリと変化してしまう。

更に後半15分、またもフリーキック! 味方の背中に当たり、連続でゴールを奪われる。

途中、2-3-2へシステム変更して得点を奪いに行くがシュートが枠内に飛ばない…

そして、試合終了となる。選手達が泣き崩れる!!本当に悔しい×10結果となった!(>_<)











表彰式















今大会を通じ、選手達は一戦一戦成長や進化をしてきたが、一際成長が多く見えた戦いだった。
選手達は本当に良くやってくれたと思う。
自分は本部との戦いという事もあり、システム変更をしてきた場合のシステムの噛み合わせ対策など気にしていて、選手達に細かいアドバイスをすることが出来なかった。自分のちから不足で何もしてあげられなかった。自分自身にくいの残ったゲームだった。

本当にごめんなさい! また、勉強しなおします…



応援していただいたジュニア選手達へ
寒い中、朝早くから応援ありがとうございました。この激しいハイプレッシャーの中で「ドリブル・パス」いろいろあったと思います。この激しいサッカーの中で速くゴール前へ行かなければゴールは奪えません。サッカーはドリブルサッカーもパスサッカーもありません。3人も4人も囲まれてもドリブルできるならすれば良い、パスしたほうが早いならパスすれば良い、サッカーの原理原則「ゴールを奪う・守る」を基準に考えることが重要だから… いろいろな事を考え、自分のプレーへ変換してください。
熱い応援ありがとうございました!!


保護者様へ
今大会選手達は素晴らしいコンディションで試合をこなす事ができました。日々の食事や生活などの管理が素晴らしかったんだと思います。また、日々のトレーニングにも集中できているのも休息やボディケアによるストレスや疲労を軽減できているからだと思います。
また、試合ではマナーを守った応援で選手達の成長を見守ってくれて本当にありがとうございました。「選手⇔保護者⇔指導者の三位一体」となり皆さんで仲良くやれたこと
が結果となり、本当に素晴らしい学年です。感謝の気持ちでいっぱいです。
5年生最高!(^^)! 
※今大会、分析材料(映像)は本当に助かりました('◇')ゞ 本来であれば我が子の活躍する姿をリアルタイムで楽しみたいはずなのに声を出すのも我慢していたのでは…と考えると…(涙)
本当にありがとうございました!


2017年12月19日火曜日

U8.9 トレーニングマッチ VS レジスタ

柏レイソルAA長生U8.9は12月16日(土)東京未来大学Gにて、埼玉県のレジスタとTMを行ないました。

レジスタは埼玉県の強豪チームで、全国大会を優勝するようなチームです。

今回は選手達に、何かを感じてもらいたいと思いTMを企画致しました。


まずはお母さんお父さんにいってきますのあいさつです。

東京までいつもより長旅な活動が始まりました。



グランドにつくとまずは相手コーチに挨拶です。



レジスタのコーナーキックは3年生ながらヘディングでバチバチあててきます。



なかなか攻撃が出来なかった選手達



プレッシャーもはやく、セカンドボールもなかなかひろえません。


最後は後片付けを手伝って挨拶です。

今回のTMでは、まさに何もできなかったと言った内容でした。

何点失点してしまったのか・・・。

そしてレジスタの選手は挨拶の仕方や握手の仕方、後片付けの徹底など、すべてにおいて自立していました。

まさに、ピッチ外の差がピッチに表れているといっても良いと感じました。

この差をこれから選手達はどのように埋められるか。

そして私も全国トップレブルを肌で感じ追いつきたいという気持ちになりました。

そのためにはどうしたら良いのかを考え。そして行動する。

シンプルにただこれだけだと思います。

やるかやらないか。

頑張りましょう!!

保護者の皆様今回もありがとうございました。

心より感謝申し上げます。


松原