2017年4月25日火曜日

U12サッカーリーグin千葉 2日目!


4月23日(日)千葉市立寒川小学校にてU12リーグ2日目となる3,4試合目が行われました。



前回に引き続きリーグ戦1位を目指し、絶対に負けられない戦いが行われました!





1試合目、10:00から セレステ成田JFCとの対戦となりました。



コートは通常よりやや小さめのコート。前線からプレスを受けましたが、その時その時の判断。公式戦なりの戦い方。時間帯による判断。前回の反省ポイントを修正できるのか。さまざまなことを意識して選手達は試合へのぞみました。前半からチャンスを多くつかみ2点を奪います。ですが内容的にはコートがせまいぶん相手のプレッシャーがはやく、ボールを受ける準備のおそい選手が目立ち、バタバタしたまま前半終了。そしてハーフタイムに『2点差は1点取られると相手が勢いにのるので気をつけよう。3点目を早く奪いに行こう』と伝え、後半開始。後半もチャンスを多くつかむもののなかなか1点が入らず、そして自分達のミスパスからまさかの失点。避けていたシナリオになってしまいます。ですが、相手の勢いに負けずに選手達はよく戦ってくれました。そしてその後、見事3点目、4点目を姉帯君が奪い試合終了。一時はヒヤッとしましたが、これも経験。一つ勉強になりました。1つのミスでゲームの流れが変わってしまう、、、、、、、。



















2試合目、12:00時から 千草台ディライトFCとの対戦です。

前半、3-0とリードするものの内容は全く見ていて気持ちの伝わってこない内容。1つ1つのプレーの軽さ。ハーフタイムには選手達に、キック、コントロール、相手へのプレッシャーなどすべてが軽いと伝えました。アウトサイドの軽率なプレー。本気でぶつかっていない選手のところへボールが運よく転がってくるわけがない。サッカーはうまさやテクニックだけでは勝てない。1プレー1プレーをもっともっと大切に!と。

後半、選手達は全く違うサッカーをみせてくれました。意識だけでサッカーは変わります。目の前のことに絶対に手を抜かずに全力でやることの大切さ。絶対に忘れてはいけないこと。またしても勉強となりました。










後半5点を奪い見事8-0と勝利!!みんなおめでとう!!

次節も勝利を目指して皆で目標を掲げたことを忘れずに頑張ろう!!










保護者の皆様本日も応援ありがとうございました。引き続き応援よろしくお願い致します。





松原



U12サッカーリーグ開幕!!


4月16日() 栄レインボーグランドにて2017U12サッカーリーグin千葉が開幕しました。



小学生にとっては関東大会や全国大会までつながる一番大きな大会となります。関東大会、全国大会を目指してまずはこの予選リーグを1位で突破を目指したいと思います。





1試合目、相手はチームスポルトやちよとの対戦となりました。初戦という事もあり選手達は少し緊張しているようなプレーが目立ちましたが、このような公式戦の緊張感は普段のトレーニングマッチでは経験できないので、逆にこの緊張感を楽しさに感じ変えてプレーしようと伝えました。試合の内容はピッチの状況や、相手の守備や攻撃の仕方などでチームとしてする事をはっきりすることを意識させましたが、試合の入り方から徹底することができずペースをつかむまでに少し時間がかかりました。
 相手チームもすごく守備の意識も高く頑張るチームでしたのでな¥、なかなか決定的なチャンスもつかめずに前半は0-0のまま終了。後半は緊張もゆるみ絶対に勝ちたいという選手の気持ちからいつも通りにプレー出来るようになり支配率も増え決定的なチャンスも多くつかみました。ですが、最後まであと一歩のところまで得点することができず、、、、。
 残り3分前には姉帯君がキーパーと1対1の決定的なチャンス!ですがまさかのポストにはじかれてしまいます。だれもが引き分けを意識しましたが、最後の最後でセンターバックからフォワードへポジションチェンジをした須藤君がラストパスに抜け出し、それを見事に決めて決勝点!!そしてその直後に試合終了のホイッスルがなりラストワンプレーで勝利をつかみました。







2試合目はFCアローズと対戦!1試合目に比べて選手達は落ち着いてポゼッションをすることができ、前半に3点、後半には途中出場の中西君が4点を奪い見事7-0で勝利をつかみました。途中出場の選手が結果を出す事はチーム内の競争に刺激が入り、とても良い事だと思っています。その他の出場選手ももちろん大変活躍をしてくれました。

今回の勝利で勢いにのり、まだまだ続くリーグ戦を1つ1つ勝利していきたいと思います。
現在選手達はすごく成長しています。わたしもそんな選手達の成長をみるのがすごく嬉しいです。











保護者の皆様今回も応援ありがとうございました。今後も引き続き応援よろしくお願い致します。






松原



2017年4月13日木曜日

U-11,12トレーニングマッチ VS 広州富力(中国)


44

【カテゴリー】新U-12/11

【天候】晴れ

【会場】カネイ総合G

【目的】VS 広州富力(中国)



今日は広州富力(中国)とのトレーニングマッチを行ないました。

選手達は初の海外チームを迎え入れての試合ということで気合十分です。



記念品の交換

広州富力:「ありがとう!」  柏レイソルAA長生:「シェイシェイ!



ペナントとチームタオルの交換です。



KICKOFF直後、いきなりのピンチ!


6年生とは思えない身長!


足の速さも緩急をつかわれると全くついていけない!


攻められっぱなしで自陣でしかプレーが出来なかった。



今回、身体の大きい選手や足の速い選手達とプレーを体感できたことは、これからの選手達には学ぶことが多かったと思います。ドリブルが通用しない、パススピードが通用しない、ヘディングが通用しないなど・・・

レベルの高いチームはより判断力(相手を見ながら)を上げると共にタイミングの重要性がクローズアップされたかと思います。また、最後に行われた11人制のフルピッチでは人と人との距離がある為、キックの重要性も感じたかと思います。

広州富力(中国)監督と試合前に意見交換をさせてもらい、中国は体育の授業がない事とサッカーしかやらない事で堅い選手が育ってしまうのが運動能力低下の原因で結果コーディネイションが良くない選手が育成されてしまうそうです。
自分も昨年スペイン研修でコーディネイションの重要性を学んできたので、すごく理解できました。当クラブでもキッズカテゴリーでマット運動・跳び箱・ジャンプマットなどを取り入れ、U-8以下年代ではビーチトレーニング・アスレチックトレーニングなど少しでも選手達の育成環境レベルを上げようとしています。しかし、これだけではまだまだ不足しています。現代の子供達は習い事や遊ぶ場所がないなどで難しいとは思いますが、自分達で外遊びの楽しさを知り、みんなで外遊びをすることが多くの事を学べるので是非チャレンジしてみてください。話が脱線してしまいました・・・

今回の国際交流では選手達・指導者共に素晴らしい経験をすることができました。
広州富力(中国)チームの皆さん、関係者の皆さん、平日にも関わらずご送迎して頂いた保護者様、本当にご協力ありがとうございました。











U12.11合同スプリング合宿


3月29~31日で新U12.11の合同合宿を栃木県にて行いました。



6年生にとってはこれからすぐに行われる国民共済U12に向けての非常に大切な合宿となりました。また、5年生にとっても5月から予選が始まる5年生大会に向けての大切な合宿となりました。





今回の合宿の内容は前日栃木県の強豪チームとのトレーニングマッチです。昨年栃木県を制し全国大会へ出場しているヴェルフェ高原さんとも前日トレーニングマッチを行なわせていただきました。



今回のトレーニングマッチでのテーマは、もちろん公式戦へ向けてのゲームスキルアップですが、我々スタッフが一番伝えていた事は6年生も5年生も常に動きながら周りの状況を見て判断するということでした。周りを見ていると足が止まってしまう。逆に動いていると考えることが出来ず、一点を見てしまう。サッカーは動きながら見て判断するスポーツです。ですがこの年代でそのような癖をつけさせる事はサッカー選手にとって成長するには本当に大切事だと思っています。



合宿では洗濯も掃除もすべて自分たちで行なわなければなりません。1日中サッカーをしてから様々な事を自分で行なうことは良い経験となってくれているはずです。





初日1日目



会場    栃木市都賀公民館グランド   



対戦相手  ヴェルフェ高原 モランゴ栃木 FCバロン 














2日目



会場    大平運動公園   



対戦相手  ヴェルフェ高原 栃木ウーヴァ 山形アスキー












3日目

会場    鹿沼市自然の森総合公園サッカー場   

対戦相手  ヴェルフェ高原 栃木ウーヴァ 山形アスキー










今回も保護者様に関しましてはご支援、ご協力いただきありがとうございました。
選手達が今回の合宿を通じてサッカーの向上、人としての成長がすこしでも見られれば幸いです。また、選手達にとって思い出に残る良い合宿であったら大変嬉しいです。

これから各学年公式戦がはじまってきますが、選手、保護者様、我々スタッフ一丸となって取り組んでいき、良い結果が残せるようにと考えております。

今後ともご支援、ご協力よろしくお願い致します。



松原