2017年11月30日木曜日

CTC杯5,6回戦

柏レイソルAA長生U12は、11月19日(日)富津ふれあい陸上競技場にてCTC杯5,6回戦を戦いました!







ここまでくると会場もスタンド付の天然芝の競技場です。この雰囲気に選手達は少し緊張している様子です。

ですがこの緊張感のある雰囲気を楽しみながら、全力で戦ってもらいたいと思います!


そして5回戦目の相手は矢切SCとの対戦となりました。

立ち上がりからペースをつかみ、前半で3点を奪います。

そして見事3-1で勝利!!

見事県ベスト16進出です!



そして6回戦目の相手は、同じ柏レイソルアライアンスA携帯チームの柏レイソルAATOR82との対戦となりました。

同じユニホームを着た相手。絶対に負けらえない戦いが始まりました。

試合が始まると相手は全力で前線からプレッシャーをかけてきました。

そして緊張と、その勢いににのまれて前半早々に失点。

さらに前半で3点を奪われてしまいます。


いつも通じている事が通じない。

なぜ?


結果、0-7で敗退となってしまいました。

完全に何かがきれてしまいました。まるでワールドカップの決勝のブラジル対ドイツの試合のようでした。


相手とは何が違ったのか。選手達は肌で感じたはずです。また私も勉強になりました。

試合前、長生の選手は緊張している様子。相手の選手は自信に満ちた様子。

この差が結果となりました。

ここまで技術面ではない差を感じたのは、私も初めてでした。

悔しいですが完敗でした。



そして、この悔しさは選手も、私も絶対に忘れずに前に進んでいきたいと強く感じました。 負けを知らないで成長する人はいません。どんな事にも学びが隠れています。なんでまけたのだろではなく、じゃあ次はどうやったら勝てるのか!?それを考えるだけです。

今回の大会で6年生最後の公式戦が終了となりました。最回はこのような結果となってしまいましたが、結果は県ベスト16です!胸を張って良い結果です!みんなよくやった!!

選手達は今年1年間本当に成長してくれました。サッカーの技術面だけでなく、人間としての心も少し大人になったと感じます。

また、これからサッカーを続けていくうえで、この小学生に一緒にプレーした仲間は本当に大切な仲間です。この思い出を忘れずにこれからも夢を大きく持ちたくましく成長していってもらいたいと思います。


最後になりましたが、保護者様今回も温かな応援本当に本当にありがとうございました。

心より感謝申し上げます。





松原




2017年11月29日水曜日

CTC杯1日目2日目結果!!


11月5日(日)6年生最後の県大会 JAバンクカップ・チバテレビ旗争奪千葉県少年サッカー選手権大会が開幕しました。小学生最後にこのチームで良い思い出をつくりましょう!!



【1日目結果】



VS FC平田      5-0   〇   勝利!





【2日目結果】



VS 流山翼少年SC   3-1   〇   勝利!



VS 高根東SSS    5-0   〇   勝利!















大会が始まる前に週末が雨ばかりで予定していた11人制の試合がなかなか行えませんでしたが、この大会から8人制から11人制に変わり、フルピッチとなります。
ですが、基本的なことは何も変わりません。人数とコートサイズに慣れれば今までどおりにでき、良い試合が出来ると思っています。

そして1回戦、2回戦、3回戦と勝利する事ができ、3日目にコマを進める事が出来ました。みんなナイスプレーでした!!

そして、ここまでで課題となったのは、中盤の選手のボールの受け方でした。8人制に比べて、味方も敵も人数が多いので、ポジションとりが8人制より難しく、イマイチ。他カテゴリースタッフからもアドバイスをもらい選手達は少し閃いた様子。体の向きや、見る場所などのことです。こういった事が上手くならないとボールは受けられないし、受けてもすぐに相手に奪われてしまうのです。

いくら足元の技術があってもボールを受けられないと意味ないですからね。これ、レベルが高い世界でサッカーをすると本当にわからされる部分です。

僕も足が速くて、少しドリブルがうまくて、自分の事を上手いと思っていた若かりし頃がありますが、それだけでは通用しなくなることは経験済みです。ほんとに相手が180センチをこすDFにかこまれたらドリブルとかできなくなります。ジュニアの頃からもっと判断をよくしていくTRをつみたかったなぁ。と、めちゃくちゃ思います。もちろんドリブルも上手いに越したことはありませんが。サッカーがうまい=ドリブルがうまい!ではないことに気付くのが僕もあと10年早かったらプロになれたかも。涙

で、話は戻して、今の6年生はみんなすごく上手いです!!ボールもポンポン動きますからね。プロになる選手ももしかして。

期待を込めて、今回上手くいかない時間があり課題も見つかったのでまた前進して行こう!!

目の前の1プレー1プレーを大切に!仲間を大切に!家族や全てに感謝して今を楽しんでプレーしよう!!

今回も保護者の皆様応援本当にありがとうございました。

心より感謝申し上げます。


松原




11月26日

【カテゴリー】U-11

【天候】晴れ

【会場】八千代市総合グラウンド

【目的】千葉県少年サッカー選手権5年生大会 本戦 2次リーグ

先日、4年生がベスト8で敗退してしまった。今回の2次リーグを突破できればベスト8になるので2次リーグはどうしても通過したいところだが…

W-UP中の動きを観察すると、選手達のコンディションが良さそうです!
今日はどんなサッカーを見せてくれるか楽しみです(^^)/

開始前の1分間「自分がマッチアップしている相手に対し、どんなことに気を配るべきか!」を考え、集中力を高めてからピッチ内へ!! 頑張れ!!!





VS  VIVAIO船橋 SC  【結果 2-1】

前半開始からビックチャンス!ゴールキーパーを抜き無人のゴールへシュートするが枠を外してしまう。その後もチャンスが訪れ、2点を先制する。【前半2-0】

















後半はお互い中盤での奪い合いが続く…





すると、左サイドでコースを限定していたが解除され、中央へ更に中央から左サイドへスルーパスで崩され、失点される。その後は疲労からか、お互いパスミスが目立つ試合展開となった。【後半0-1】

この試合では前半のビッグチャンス6回あった。その中でも無人のゴールへのシュートである。前半で決定的なチャンスを決められないとこのような展開になってしまう…
課題はキックの精度であり、もっと精度(体幹/コーディネイションなど)を追求したトレーニングをしなければならないことを痛感した。

VS  藤崎FCレッド【結果 1-0】
トレーニングマッチをよくやるチームで相手選手の特徴も理解している。昨年も選手権で負けた相手である。コーディネイションも素晴らしく、クリエイティブな選手が多いチームです。

KICKOFF!!



前半は強風で押し込まれるシーンが多い…



これだけ押し込まれ、前半は守備を頑張り無失点で乗り越える!【前半0-0】



しかし、後半は風の影響もあり、チャンスが増え始める!
終了間際、コーナーキックからヘディングシュートが決まる。【後半1-0】
その後もGKと1対1などのビックチャンスがあるが決められず、そのまま終了となる。











ベンチの選手達がここまで興奮している試合は始めてでチームが完全に1つになっていた。興奮して泣いている選手もいたぐらいです!(>_<)








選手の戦う姿勢!ベンチ選手達の興奮!スタンドでの保護者の熱い応援!すごく感動しました。今日は技術よりも選手達の気持ちと保護者の応援で相手チームをうわまわる結果に繋がったと思います。

今日は選手達をたくさん!たくさん!褒めてあげてください!
また、この喜びや感動を忘れさせないでください!必ず将来に役立つはずです!!

今週末もベスト4をかけて頑張ります! 応援よろしくお願いします!(^^)!

担当 木島










2017年11月23日木曜日


11月19日

【カテゴリー】U-11

【天候】晴れ

【会場】萱場グラウンド

【目的】千葉県少年サッカー選手権5年生大会 本戦

今日は6月からの予選を勝ち抜き「第6ブロック第1代表」として本戦1次予選が

スタートした。しかし、4年生も本戦でベスト8をかけての戦いとなる為、繰り上げ選手

不在でどう乗り切るか…

選手達はウォーミングアップから気合十分(^^)/!!
 

















コーチはチカラを抜きリラックスして冷静な試合運びをしてほしいのが本音です(-_-;)!


VS  FCギャルソン浦安A  【結果 4-0】

第一試合 KICK OFF 
公式戦という重圧で押しつぶされなければ良いが… 頑張れ!!





前半からハイプレッシャーにあうが落ち着いてビルドアップしていた。しかし、サイドでの潰されるシーンが多くなかなか崩せない… 【前半1-0】
後半は相手が疲れてきた様子でボールが動くようになる!【後半3-0】


今回、サイドで潰されてしまう理由を数点見つけたので次節までに修正をしたいと思います。選手達は相手のハイプレッシャーを受けながらも落ち着いてビルドアップし、最終的には相手の運動量が落ち追加点を奪うことに繋がった。
メンタルも成長したがゲームスキルも大きく成長していることを実感したゲーム内容だった。

VS  チームスポルト八千代  【結果 1-1】




前半は両チーム共にボールを動かすがゴールを揺らすことができない。セカンドエリアまではボールを動かす事ができるがサードエリアまでは侵入できず、苦しい試合展開が続く。すると後半17分自陣ゴール前でのファールで相手にフリーキックをあたえる。
フリーキックがそのままゴールインし、失点する!

ハーフタイム
ミーティング
①自分自身のプレー「見ながら・・ 動きながら・・ しゃべりながら・・ プレースペースを確保する。」の試合への入り方はどうだったか?
②複数でのプレー「守備の連動、攻撃の3人称」はどうだったか?



アクティブラーニングをテーマに活動しているのでみんな意見を発言してくれると思っていたが、数人の選手が会話するだけでまとまらなかった。

「とにかくもう一度、自分自身・複数人でのプレーについて良いイメージを持ちながら後半に入ろう!」と選手に伝えた。

後半、ポゼッション率も上がり、サードエリアに侵入するチャンスが増えはじめる。
すると、後半10分コーナーキックから得点を奪う。












その後も攻め続けるが、得点を奪えず試合終了となる。

控え選手達も喜びの表情で出迎えてくれました。

この試合ではアタッキングサードでの受け手・出し手のタイミングが合わずに苦労したことと思います。来週までに修正し、通過を目指します!!

今回、得失点差という少しの差で首位に導けたのは選手が頑張ってくれた事もありますが、保護者、指導者が三位一体になり良い環境を作り上げた結果です。

来週の2次予選も「柏熱地帯」のような熱い応援よろしくお願いします!
本当にありがとうございました。('◇')ゞ

担当 木島







 



 


千葉県4年生選手権大会 準々決勝


【月日】 11月19日(日)

【天候】 晴れ

【会場】 明海球技場



【相手/結果】



vsバディーSC千葉サックス ●1-1 PK1-3


得点者:大川



昨年の雪辱を晴らしベスト8に進み臨んだ準々決勝

素晴らしい環境、多くの保護者様に囲まれ試合を行うことができた。



結果はPK戦で負けてしまいました。



内容は前半ビルドアップのミスから先制を許す苦しい展開



失点をしてしまったことにより縦パスが増え慌ててプレーをする選手が目立ち、選択肢を多く持つことができなかった。

いつもならここで崩れてしまっていたが、後半しっかりと修正しボールを動かしながらチャンスを伺うと

中央の崩しからゴールが生まれ同点となった。

その後一進一退の展開が続きチャンスもピンチもあったがお互い決めきることができず勝敗はPK戦に委ねることとなり、敗退してしまった。



選手はブロック予選から通して非常に成長をしていると感じた。



昨年は2次リーグ敗退、今大会はベスト8、来年はさらによい結果を得られるように、良いサッカー選手、素晴らしい人間になれるよう努力を続けていきましょう。

この悔しさを忘れずに後悔をしないよう今後前進していきましょう。



遠方にも関わらず多くの保護者様にご声援を頂き、クラブを応援して頂き誠にありがとうございます。

悔しい結果に終わってしまいましたが、また選手達はひとつ成長をしたと感じております。

今後ともご理解、ご協力の程よろしくお願い致します。



柿本・金子