2017年11月23日木曜日


11月19日

【カテゴリー】U-11

【天候】晴れ

【会場】萱場グラウンド

【目的】千葉県少年サッカー選手権5年生大会 本戦

今日は6月からの予選を勝ち抜き「第6ブロック第1代表」として本戦1次予選が

スタートした。しかし、4年生も本戦でベスト8をかけての戦いとなる為、繰り上げ選手

不在でどう乗り切るか…

選手達はウォーミングアップから気合十分(^^)/!!
 

















コーチはチカラを抜きリラックスして冷静な試合運びをしてほしいのが本音です(-_-;)!


VS  FCギャルソン浦安A  【結果 4-0】

第一試合 KICK OFF 
公式戦という重圧で押しつぶされなければ良いが… 頑張れ!!





前半からハイプレッシャーにあうが落ち着いてビルドアップしていた。しかし、サイドでの潰されるシーンが多くなかなか崩せない… 【前半1-0】
後半は相手が疲れてきた様子でボールが動くようになる!【後半3-0】


今回、サイドで潰されてしまう理由を数点見つけたので次節までに修正をしたいと思います。選手達は相手のハイプレッシャーを受けながらも落ち着いてビルドアップし、最終的には相手の運動量が落ち追加点を奪うことに繋がった。
メンタルも成長したがゲームスキルも大きく成長していることを実感したゲーム内容だった。

VS  チームスポルト八千代  【結果 1-1】




前半は両チーム共にボールを動かすがゴールを揺らすことができない。セカンドエリアまではボールを動かす事ができるがサードエリアまでは侵入できず、苦しい試合展開が続く。すると後半17分自陣ゴール前でのファールで相手にフリーキックをあたえる。
フリーキックがそのままゴールインし、失点する!

ハーフタイム
ミーティング
①自分自身のプレー「見ながら・・ 動きながら・・ しゃべりながら・・ プレースペースを確保する。」の試合への入り方はどうだったか?
②複数でのプレー「守備の連動、攻撃の3人称」はどうだったか?



アクティブラーニングをテーマに活動しているのでみんな意見を発言してくれると思っていたが、数人の選手が会話するだけでまとまらなかった。

「とにかくもう一度、自分自身・複数人でのプレーについて良いイメージを持ちながら後半に入ろう!」と選手に伝えた。

後半、ポゼッション率も上がり、サードエリアに侵入するチャンスが増えはじめる。
すると、後半10分コーナーキックから得点を奪う。












その後も攻め続けるが、得点を奪えず試合終了となる。

控え選手達も喜びの表情で出迎えてくれました。

この試合ではアタッキングサードでの受け手・出し手のタイミングが合わずに苦労したことと思います。来週までに修正し、通過を目指します!!

今回、得失点差という少しの差で首位に導けたのは選手が頑張ってくれた事もありますが、保護者、指導者が三位一体になり良い環境を作り上げた結果です。

来週の2次予選も「柏熱地帯」のような熱い応援よろしくお願いします!
本当にありがとうございました。('◇')ゞ

担当 木島







 



 


0 件のコメント:

コメントを投稿