2018年4月8日日曜日

新U10スプリング合宿in大阪!







柏レイソルAA長生U10は4月1日~4日までの4日間大阪のJ-GREEN堺にて行われました第6回YF杯へ参加させていただきました。



YF杯は奈良のYF NARATESOROという強豪チームの主催大会です。



なので参加チームは、ガンバ大阪や名古屋グランパス、ヴィッセル神戸などのJリーグ下部組織チームも参加するレベルの高い大会となりました。



そして会場はこのグランド!









私も初めてきましたが、大人用の人口芝のグランドが11面、天然芝が4面、スタジアムにフットサルコートが8面もあり、さらに宿泊施設まである、



まさに!



すばらしいサッカー環境

でした。



正直歩き疲れるくらいの膨大な施設でした!



今回は相手もグランドもすばらしいこの環境の中で、選手達が何を感じ何を吸収して帰ってこれたのか。



そこが重要なわけです。



ですが、今回のまずの難関は長距離バス移動でした。



朝7時半に出発して結局大阪の宿舎に着いたのは、なんと18時半ごろでした。






そう、11時間もかかってしまいました!!



なぜなら新4.5.6年生合同合宿のために、バスに酔ってしまった選手や、トイレなどのタイミングもさまざまな状況で、結局パーキングによる回数が多くなってしまったからです。



なので、予定していた大阪わんぱく公園の観光はすることができませんでした。



選手のみんなごめんなさい!!





みんなで夕飯



みんなで夜の大阪


そしてその日は清風高校の大広間に宿泊させていただきました!



全選手が同じ部屋・・・。



コーチも・・。



驚いたのは、子供はなぜか夜ふざけて寝るのが遅くなるくせに朝が早い笑



朝5時からざわざわしだすのはやめてくれー!!笑



そして、いよいよ大会開始です!



【大会1日目】





初日の予選1回戦の相手はガンバ大阪!

前半0-1

後半2-3

2-4●



惜しくも敗退。



予選2回戦 VS  TWING

前半0-1

後半0-1

0-2●



惜しくも敗退



トレーニングマッチ VS  名古屋グランパス

前半2-0

後半0-4



2-4●



惜しくも敗退。



初日にしてまさかの3連敗。



すでにこの大会での上位トーナメント進出はなくなってしまいました。



で、この日の私の感想ですが、サッカー自体に問題があったわけではないと思ったのです。



そう、問題はピッチ外にあったのです。



昼弁当が食べられなくて気持ち悪くなってしまった選手がいたり、行動が遅く試合に集中できない選手がいたり・・・。



つまり、



1つ1つの行動が遅い!



と感じたのです。



どんな事でも行動が遅くてプロサッカー選手になる人はいません。



歩くのも速いし、準備などもテキパキ行動します。



つまり、だらだらしている選手はそれだけみても上手くなるわけがないのですね。



こういったことがまずは変わらないとさらに上は目指せないように感じたのです。










【大会2日目】



予選3回戦目 VS フレスカ神戸



前半2-0

後半1-0

3-0〇



見事勝利!!



トレーニングマッチ VS  YF奈良

前半4-0

後半1-0



0-5●



惜しくも敗退。





下位トーナメント1回戦 VS STELLA



前半4-0

後半3-1

7-1〇



見事勝利!!



2日目は試合の内容や選手の行動も早くなり、やっとサッカーに集中できた日でした。



この感じが1日目にできていたら・・・。



悔いが残るくらいに試合の内容が良かったです。





【大会3日目最終日】



下位トーナメント2回戦 VS DFV



前半1-0

後半0-2

1-2●



惜しくも敗退。



下位トーナメント3位決定戦  VS  福山ローザス

前半2-0

後半2-1



4-1〇



見事勝利!



この合宿の全スケジュールが終了しました。





このほかにもフットサルのトレーニングマッチは終日行いました。



そしてこの3日間のサッカーで感じたことは、

全体的なテンポが遅い

ということ。


パススピードや判断の速さが強いチームと比較して遅かった。



これはやはり、強いチームを見て肌で感じれたからこそ分かったこと。



なので、やはり、普段の行動のスピードから変えていくべきであると感じました。



ピッチ外の行動は必ずピッチにでます。



いつももたもたしている選手がピッチに入ったとたんにキビキビ動けるわけがないですからね。



そして、オフザピッチでは、



食事



が課題となりました。








野菜が食べられない・・・。



量を多く食べれない・・。



これから成長期を迎える選手にとって、



成長分+運動分+日常生活分



の食事をとっていく必要があります。



つまり、普通の人にくらべてどうしても多く食べなければならないのです。



そしてバランスの良い食事は必ず大切なことです。

それは栄養学でも学んでいることです。

そして食事のマナーとして、




ご飯粒を残さない。



これも私的には食べてほしいと伝えました。



食事はすべてが命です。



いただきます!』



と感謝をもって食べるのは当然のことですし、感謝して食べることによって得られるエネルギーレベルは感謝しないで食べるよりも確実にあがります。



米粒1つも大切な命だと私は思います。



なので、すべてに感謝の心を忘れずに食事もしてほしいと伝えました。



この合宿で、選手一人一人が感じて課題となったことをしっかりとこれからの活動に生かしていってほしいと思います。



ちなみにこのブログは合宿終了後の初めてのトレーニングマッチを終えて書いていますが、



合宿を終えた選手達は、今まで以上に一体感を持っているように感じました。



成長したな!



って思いました!



毎年のように思いますが、子供の成長は早いです。



なので、私も責任をもって選手達の育成に力を注ぎたいと思います。



【保護者様へ】



今回は大阪の合宿ということもあって多大なるご心配をおかけしたここと思います。



その中選手達は本当によく頑張ってくれて成長してくれました。



選手、保護者様、我々スタッフが1つになって同じベクトルを持って初めて良い結果や選手の成長が最大限にあると思っています。



今後ともどうぞよろしくお願い致します。



そして今回はご支援いただき本当にありがとうございました。



心より感謝申し上げます。






選手も疲れたせいか少し気がおかしくなったようでした笑



担当 松原

0 件のコメント:

コメントを投稿