2018年5月15日火曜日


プレミアリーグU-11千葉2部 開幕!!


 【日程】5月4日(土)

【時間】14:00KICKOFF

【カテゴリー】U-11選手コース

【内容】プレミアリーグ 第1節「VS ラルクベール千葉」


今シーズン初参戦するプレミアリーグ、本日開幕です!

1月より技術強化はもちろんですが、メンタルなどの心理学にも取り組んできました。

また、春合宿では大阪堺市でJクラブ下部組織とマッチメイクしチーム強化を図りました。

 今日は選手達がどのくらい成長したかを確認する良い機会です。

セレモニーでは 少し緊張している様子!




「頑張るぞ!」よりも「個人のやるべきこと」「みんなでやるべきこと」を考えて入れば緊張は軽減するので落ち着いてゲームに入ってほしい… 立ち上がりはどうかな?

さあ、キックオフです!




【1ピリオド】0-1

序盤、よいリズムで相手陣地内に侵入するも大きくクリアーされる場面が多かった。すると、クリアーされたボールが自陣でワンバウンドすると、試合展開は大きく変化する。













GKへのバックパスをインターセプト、ゴールへと流し込まれ失点する。


 

その後は視野が狭くなり、積極性がない堅いゲーム内容となった。



2ピリオド】1-0

先ほどよりもリラックスした選手が多く、ボールが左右に動き始める。また、パススピードもはっきりしてきた。すると、相手陣内中央ワンタッチプレーで崩し同点に追いつく。






その後は相手のショートカウンターから数回ピンチがあったがGKの好セーブで失点を防いだ。



3ピリオド】1-0

2ピリオドよりも高いポゼッションで相手陣内に入り込む。そして決定的場面が訪れる。

相手DFが引き始め、スペースが広くなりそこからのミドルシュート!相手GKがはじくもセカンドボールを押し込み逆転ゴールが生まれる。






その後は勝利への焦り、または疲労からなのか前線へ大きく蹴ることが多くなった。

感想

キックオフ直後は攻撃で自分たちのミスからボールを失う場面が多く、どうなってしまうのかという不安を感じたが、2・3ピリオドでは良くはなかったが悪いなりにも守備でカバーしていた。苦しいゲーム内容となったがこういう試合を勝利で飾ることができ、選手達はすごく頑張ったと思う。ここ最近、試合前の準備もチームメイトへの思いやりも素晴らしい成長がみえてきているので今後に期待したい。



個人としては「ドリブル:相手から遠い足を使う/緩急があるドリブル」「パス:強弱/距離の合ったキックの種類/タイミング」などの課題が残った。



チームとしては「3人称/チャレンジ&カバー/コーナーキック時の守備」などの課題が残った。



保護者様へ

今回もマナーを守った応援ありがとうございました。お陰様でプレミアリーグ初戦を白星で飾ることができました。そして、先日の心理学ミーティング活用の成果なのか選手達は内面的に変化がみえてきています。今後も三位一体を目指し、頑張っていきますのでご支援・ご協力の程、よろしくお願いします。本当にありがとうございました。


0 件のコメント:

コメントを投稿